カラーやデザインで決める

そもそも、ローソファーとは?

ローソファーとは、文字通り「low(低い)なsofa(ソファー)」のことです。通常のソファーより座面の位置が低い造りになっており、効果的に設置すればお部屋に一味違った印象を与えてくれるインテリアです。昔から私たち日本人は、畳やこたつなどの『床で過ごす文化』に慣れ親しんできました。大きなソファーに座ってもあまり安心できず、気がつけばずるずると地べたに座っている、なんて方も多いのではないかと思います。 裏を返せば、『床に近ければ近いほど安心感が増す』のかもしれませんね。現代人の暮らしは十人十色。いろんなニーズに対応できるハイパフォーマンスなローソファー。さて、今回はそんなローソファーの選び方をご紹介させていただきたく思います。

ライフスタイルに合ったデザインを見つける

ローソファーは一人暮らしの方にもおすすめです。お部屋にそれほどスペースが余っていなくても、一人掛けのローソファーで十分に寛ぐことができます。そして何より、座面が床に近いというデザイン性が、通常のソファーよりもお部屋を広く見せてくれます。加えて、すこし明るい色のものを選べば、ほっと落ち着くお部屋のシンボルになること間違いなしです。 また、ペットを飼われているご家庭でもローソファーは力を発揮します。飼い主の膝に飛び乗ってくるワンちゃんやネコちゃんは可愛いものです。しかし高い場所から降りるとき、犬や猫の足には少なからず負担が掛かっており、老年のワンちゃんなどであれば最悪の場合、骨折をしてしまう可能性もあります。しかし。ローソファーならばその心配には及びません。座面高10~20cmのものを選べば、愛犬や愛猫も楽に飼い主の膝に辿り着けるのです。